本文へスキップ

フラダンス教室 フラ フイ オ マルラニ 銚子市/千葉市 

ごあいさつGREETING

ごあいさつ
マリコ マルラニ 城島

講師:城島 麻理子(じょうしま まりこ)
Hawaiian Name:Mariko Malulani Johshima

当フラ教室は2006年4月に銚子駅前にオープンいたしました。2008年2月には千葉駅前教室をオープンし、おかげさまをもちまして順風満帆に発展を遂げ現在に至っております。
オアフ島ワイパフにある名門ハラウを主宰するクムフラ、ラリー&ホークーラニ・デ・レゴよりスタジオ名「フラ・フイ・オ・マルラニ」をつけていただきました。「Hula Hui O Malulani」とは、「神に守られたフラの仲間」という意味で、天から授かったパワーのあるスタジオ名です。ハワイの人々が大切に守り続けてきた伝統文化を日本人である私たちに伝えてくれたことに常に感謝しております。当スタジオでは「余分なお金をかけずに心から楽しめるフラ教室」を実現しています。
私どもの近年の主な活動は、地元銚子で開催される『銚子ハワイアンフェスティバル』を共催。また、フラで銚子を紹介する動画『フラでめぐる銚子半島』を制作するなど、地元銚子の活性化に貢献しています。

ハワイ文化の情報マガジンサイト「ハワイアンジュエリー物語」に掲載されました

日本で唯一のハワイ文化情報マガジンサイト「ハワイアンハワイアンジュエリー物語」様より取材依頼を受け、その時取材された記事が『フラの魅力4 魅惑のフラガール』として当フラ フイ オ マルラニ講師城島麻理子の記事が2度にわたり連載されています。
ハワイ文化情報マガジンサイト『ハワイアンジュエリー物語』
フラの魅力4魅惑のフラガールたち 城島麻理子さん その2
フラの魅力4魅惑のフラガールたち 城島麻理子さん その1



クムフラ ラリー&ホークーラニ・デ・レゴ

オアフ島ワイパフにある名門ハラウ「ハラウ・フラ・オ・ホークーラニ」を主宰。毎年メリー・モナークに出場。さらに毎年オアフ島および日本で開催されるフラコンペティション「フラ・オニエ」を主催。その他日本で行われるフラコンペティションの審査員を務めるなど、多方面にて活躍中。ご主人であるアンクルラリーさん、および長女レイナニさん、次女ケハウラニさんらもクムフラとしてハラウの活動を支えている。
(2016年7月1日、クム ホークーラニ・デ・レゴ先生がご逝去されました。心より追悼の意を表します。)


経歴

メリーモナーク前夜祭出場
メリーモナーク
2010年4月ハワイ島ヒロで行われたフラ界最高峰の競技会メリーモナークフラフェスティバルの前夜祭に、ハワイ本校の皆さんとともに出場しました。踊りはもちろん、クムや現地の生徒さんからから学んだこと、ご一緒した皆さんとの経験等々、この舞台によって得たたくさんの事を余すことなく生徒の皆さんにフラを教えてゆく上で生かして行きたいと思っています。
ホノルル市主宰レイデー出演
レイデー YouTube動画
2011年5月1日カピオラニ公園で行わたホノルル市主催のレイの祭典「レイデー」において、ハラウ・フラ・オ・ホクラニのパフォーマンスの中で1曲ソロで踊らせていただきました。
左の写真をクリックするとYouTubeにてその模様を動画でご覧いただけます。
ウニキセレモニー
ウニキセレモニー
2011年5月4日にはオアフ島ワヒアワにあるヘイアウ(神殿遺跡)“クカニロコ”において、神聖なるウニキセレモニーが執り行われ、私 麻理子Malulani城島は、クムフララリー&ホークーラニ・デ・レゴよりオラパ(ダンサー)としてのウニキ(卒業)を授かりました。

ホテルでのショー

ホテルニューオータニ幕張でのショー

ホテルニューオータニ幕張の夏期限定ガーデンレストランおよびプールサイドレストランにて麻理子マルラニ城島によるソロのフラショーを2015年より行っています。毎回たくさんのお客様に見に来ていただき、心より感謝いたします。全国レベルのハワイアンミュージシャン葛西Chang&Namiちゃん、KaPilinaさんの素晴らしい演奏とともにお送りするフラショー。


銚子ハワイアンフェスティバル主催校 “フラで銚子を元気にすっぺ!”

平成25年8月1日付「銚子よみうり」

当フラフイオマルラニが主催する『銚子ハワイアンフェスティバル』は、銚子が誇る絶景、屏風ヶ浦と太平洋が一望できる野外ステージにて繰り広げられるフラの祭典。景観の良さと海辺でフラが踊れるイベントとして、2013年にスタートして以来、毎回総動員数6,000人。出演者および観客から毎回たいへんご好評をいただき、徐々にその知名度が上がってきました。
耳に心地よいハワイアンミュージックと魅惑的なフラに誰もが思わず目を奪われる、フラにはそんな魅力があります。「フラを踊るところに人出あり」。人が集まれば町も元気になる。私自身が銚子生まれ銚子育ち、魚屋の娘で生粋の銚子っ子。『フラで銚子を元気にすっぺ!』をキャッチフレーズに、愛する地元銚子の活性化のために当フラ・フイ・オ・マルラニではフラで協力したいと思っています。


動画『フラでめぐる銚子半島』を独自制作…フラで銚子を紹介したい

フラでめぐる銚子半島

2014年5月、三方を海に囲まれた銚子半島をハワイアンの名曲「カ・ウルヴェヒ・オ・ケ・カイ」の歌にのせて名所をめぐる「フラでめぐる銚子半島」の動画を当スタジオが独自で制作し、公開しました。海で海草を採る様子を描いたこの歌はハワイでも古くから親しまれています。銚子の美しい海をこの歌のイメージにかさねて作りました。
銚子大橋や大漁旗を掲げた漁船、キャベツ畑、銚子電鉄、犬吠埼灯台、犬岩、屏風ヶ浦など10カ所あまりの銚子の景色をバックにフラダンサーが踊っているというもの。この動画は、フラを知っている人も楽しめ、また銚子の人も楽しめる、そして銚子に来た事のない人には銚子のPRにもなると思います。たった4分ほどではほんの一部しか紹介できませんが、銚子が誇る美しい景色を多くの人に知っていただけることを心より願っております。
撮影でご協力いただいた、絶景の宿・犬吠埼ホテル、銚子電気鉄道梶A沿線の畑の方に感謝いたしております。
協力/音楽:葛西Chang、映像:潟uロードキャスト千葉
この動画は次の各所でご覧になれます。
動画サイトYouTube/犬吠埼ホテル/イオンモール銚子店2Fしおさいプラザ


PHOTO